歴史あるロンドンの宝石街ハットン・ガーデン

(未評価です。)
londoict

イギリスの首都ロンドンは日本から行くヨーロッパ観光でいえばトップクラスに人気のある憧れの都市ですよね。そのロンドンに行く際、必ず観光に進められる場所「オールド・ボンド・ストリート」は聞いたことがあるのではないでしょか。「オールド・ボンド・ストリート」は、世界の高級ブランドの大型路面店はほとんど全てあるのではないかと思われるほど高級店が軒を連ねる高級ブランド街です。しかしジュエリー関連にとってのロンドンの中心は「ハットンガーデン」と呼ばれる地域です。この「ハットンガーデン」は、ロンドンのダイヤモンド取引の中心になっている場所で、今回は、このロンドンの「ハットンガーデン」にスポットを当てたいと思います。

ハットンガーデンってどのあたり?

ハットンガーデンは正確には通りの名前です。この周辺にはロンドンのダイヤモンドの25%が集まっているといわれるダイヤモンドの中心地です。
この「ハットンガーデン」には、現在も300の宝飾関連店、55の小売店、宝石職人・デザイナーが1000人以上も集まっているそうです。

日本でいうと『御徒町』?ハットンガーデンってどんなとこ?

hatton
イギリスでは「ハットンガーデン=ダイヤモンド」は一般常識なほど宝飾品の街として有名だそうです。「ハットンガーデン」はイギリスで最も歴史のある宝石街で、古くから多くのジュエリー職人達がひしめき合っていたそうです。現在でも質の高い宝石が集まるこの地域は、宝飾関係の卸売りや工房が約300店、小売店も50軒超、ジュエリー職人も1000人以上が集まっていると言われており、ロンドンのダイヤモンドの25%が集結しています。このように小さな地域にひしめき合うように宝飾関連会社が集まるのは、本当に日本の『御徒町』のようですね。
また、「ハットンガーデン」は古くから宝石の街として成り立ち、多くのジュエリー職人が育った場所でもある為アンティークジュエリーの掘り出し物も見つかるかもしれませんね!因みに高級時計で有名な「ロレックス」もこの「ハットンガーデン」が創業だそうです。

日本最大のジュエリー問屋街“御徒町”

2016.12.23

まとめ

今回は、ロンドンの宝石の街「ハットンガーデン」にスポットをあて、ご紹介しました。
ファッションの街としても、世界中で有名なロンドンの中でも「宝石・ダイヤモンド」と言えばハットンガーデンが最も有名だそうです。ハットンガーデンには多くの宝飾関連のお店が軒を連ねていて信頼のできるジュエリーや掘り出し物のアンティークジュエリーがたくさんあります。ロンドンでショッピングと言えば「ボンドストリート」が有名かもしれませんが、ジュエリーをお探しの場合は「ハットンガーデン」に立ち寄って素敵なジュエリーやアンティークを探してみてはいかがでしょうか?日本の御徒町のように掘り出し物が見つかるかもしれませんよ!

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...