最高品質のルビーを彷彿とさせる『ルベライト』とは?

(未評価です。)
ruberaitoict

様々なカラーを持つ人気の宝石トルマリン、その中でも美しい赤色を発色しているトルマリンは『ルベライト』と呼ばれています。ルベライトはルビーの中でも最高品質と言われるビジョンブラッドを思わせるような色味の物やクランベリーのような濃い赤色をしているものが高評価を受ける宝石で、その美しい赤色から昔はルビーと間違われていたそうです。
トルマリンといえばパライバトルマリンが最も人気が高いですが、ルベライトは藍色のトルマリンであるインディゴライトトルマリンと並んで非常に人気の高い宝石です。今回はそんなルベライトの特徴についてご紹介したいと思います。

ルベライトってどんな宝石

gd3071-m-01-dl
宝石名 ルベライト/レッドトルマリン
和名 紅電気石
カラー 赤紫系、赤系、ピンク系
モース硬度 7-7.5
主な産地 ブラジル、イタリア、ミャンマー、ナイジェリア、モザンビークなど
ルベライトの名前の由来はラテン語で「赤い」を意味する「ルベルス(ルベリウス)/rubellus」から来ています。ちなみにルビーの語源も同じです。

ルベライトは、トルマリングループの中で主にリシア電気石に見られる赤色を発色した宝石の事を言います。その為鑑別書に記載される時にはトルマリンと記載されます。トルマリンはペグマタイト鉱山から産出する硼珪酸塩鉱物に属していますが、この中でもマンガンを多く含有するものは赤色を発色し、ルベライトに分類されるのです。ちなみにマンガンの含有率が低いものほど、その色はピンク色に近くなるためピンクトルマリンと呼ばれるようになります。

ルベライトとピンクトルマリンの関係

ルベライトはルビーを彷彿とさせるその赤色から時にはレッドトルマリンとも言われますが、赤とピンクの境目が非常にあいまいで、時にはピンクトルマリンの事を含んで言われる場合もあります。
しかし、『ルベライト』ととの名称で呼ぶ場合は、この名称がトルマリンの中でも鮮やかな赤色を発色している宝石としての名称という考えが主流で、ピンクトルマリンはルベライトには含まないのが一般的と言われています。

ルベライトの品質と価値について

20180205_8_00宝石は通常、インクルージョンが少ないものほど高価値になるのが一般的ですが、ルベライトはほとんどの場合、インクルージョンを多く含んだものが産出されるため、透明感が損なわれなければ、そのインクルージョンは宝石の個性という評価になります。
ただし、宝石の価値としては濃い赤色を発色し、透明感が高いものほど高価になります。ルベライトで高評価を受けるカラーは、最高品質のルビーと同様にピジョンブラッド(鳩の血)と言われるような深い赤色や、クランベリー色と形容されるような色のものほど高価値になります。また、ルベライトは鉄が発色要因になる物もあり、鉄が含有されたものは赤紫や褐色を帯びた色合いを示します。ちなみに鉄の含有率が多くなりすぎると赤色がどんどん黒ずんでしまい、そのようなルベライトは評価を下げてしまいます。

まとめ

今回はルビーと同様の美しさを持つとも言われるルベライトについてご紹介しました。ルベライトはルビーの中でも最高品質と言われるピジョンブラッドのような赤色を発色する引き込まれるような美しさが特徴です。その為、現在のように詳細な成分鑑定などができないような時代では、詳細な判別ができずルビーと間違えられていた時代もあります。有名なところでは、世界最大のルビーと言われた260ctもあるロシアの「いちごの彫刻」も実はルビーではなくルベライトだったそうです。
ルベライトは本当に美しい赤色の宝石でルビーにも勝るとも劣らない美しさを持っています。一度実物の美しさを体験してみてください!

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...